参列者が自分だけしかいない葬儀の場合|火葬・密葬・家族葬などの葬儀なら、東京で最も低料金の株式会社関東福祉サービスへ。

株式会社関東福祉サービス
小さなお葬式 特約加盟店
FAQ

参列者が自分だけしかいない葬儀の場合、どのような式になりますか?

私と主人は事情があり場所を転々と変えながら暮らしてきました。親族や知り合いもなく、子供もいません。主人が病気になり入退院を繰り返す中、医師からもうあまり長くは持たないことを聞きました。主人の辛そうな顔を見ると可哀そうだったので、早く楽にしてあげたいという思いも正直あります。私たちは金銭的にもあまり余裕がないのと、葬儀と言っても私だけが参列者です。このような場合、どういった葬儀を行うのがよいでしょうか?東京都内でよい葬儀社がありましたら教えてください。
answer

火葬式や密葬などのシンプル葬儀がよいのではないでしょうか

近年、生活スタイルの変化やご家庭の事情などにより葬儀を簡素化する傾向が大きな都市を中心にあり、葬儀社でも少人数の葬儀プランを用意しています。式を行わず火葬のみの葬儀を「火葬式・直葬」とも言い、葬儀の中では最も簡素化したものとなります。参列者が少ない場合や費用・時間の負担を減らしたい方に選ばれています。そして「密葬」は通夜式を行わず、告別式を1日のみで行う葬儀プランで、火葬式よりもゆっくり最後のお別れをしたい方に選ばれています。
ご予算や最後のお別れをどのように過ごされたいかで検討されるとよいと思います。東京で最も低料金と言われる葬儀社がありますのでご相談されてはいかがでしょうか?

このページの先頭に戻る