家族葬の内容とそれが選ばれている理由|火葬・密葬・家族葬などの葬儀なら、東京で最も低料金の株式会社関東福祉サービスへ。

株式会社関東福祉サービス
小さなお葬式 特約加盟店
FAQ

家族葬の内容とそれが選ばれている理由とは?

この度最愛の母が病気でなくなりましたが、お恥ずかしい話ですが東京に出てきてそれほど日も長くなくて、付き合いも広くないため、盛大な葬儀を挙げてやりたい気持ちはありますが、葬儀に参列してもらえる人数は多くても20〜30人程度だと予想が付きます。
そのことを一緒に母を看取ってくれた、こちらに来て一番お世話になっている方に話してみると、それなら家族葬で母を見送ってあげればいいのは?と言われました。
田舎にいた時には、誰がなくなっても村中の人が葬儀に参列してくれて、家族葬というものは聞いてことがないのですが、東京では家族葬を選ぶ人が増えているので、気にすることはないということですが、家族葬の内容と選ばれている理由について教えてください。
answer

今後も家族葬は増えていくでしょう

家族葬は、遺族や近しい関係者だけで行う葬儀です。
家族葬という名前がついていますが、ご近所さんや生前親しくしていたお友達などを呼んでも構いません。
人数的には、10人から30名程度で行われるケースが多いようです。
核家族化や高齢化が家族葬を増やしている要因となっているようで、どうしても高齢になれば葬儀に行くことも困難になって、これからは人生100年時代がくると言われているので、ますます家族葬などの少人数で行われる葬儀のスタイルは増えていくでしょう。
家族葬には、ゆっくり故人とお別れができるメリットもあります。

このページの先頭に戻る