家族や親族を主とした葬儀プラン|火葬・密葬・家族葬などの葬儀なら、東京で最も低料金の株式会社関東福祉サービスへ。

株式会社関東福祉サービス
小さなお葬式 特約加盟店
FAQ

家族や親族を主とした葬儀プランにはどんなものがありますか?

親戚が少なく、15人ほどの参列者による葬儀・告別式を想定しています。一般的な葬儀にて、少人数向けの会場、費用も極力抑えたいのが本音です。東京でそのような葬儀を行っている葬儀社があれば教えて下さい。
answer

密葬(一日葬)・家族葬がおすすめです

30名〜100名くらいの参列者を想定した通夜式、葬儀・告別式の一般的な葬儀は「一般葬」と呼ばれています。
一般的な葬儀の流れは同じで、参列者がご家族や親せき、ごく親しい友人・知人などの少人数によるお式は「家族葬」と呼ばれています。「通夜と告別式は行いたいけれど、あまり費用をかけられない」「身内だけで静かに葬儀を行いたい」「故人が小規模な葬儀を望んでいた」というご遺族様に対応できる葬儀プランとなっています。一方、通夜式を行わず、告別式と火葬を1日で行うプランは「密葬」もしくは一日葬と呼ばれています。通夜式がありませんので体力と費用、お時間の軽減がはかれます。お時間の都合がつきにくい方、参列者に高齢の方がいらっしゃる場合に選ばれることが多くなっています。全てを1日で執り行いますので費用も抑えられます。費用面において東京内で最も低料金であると言われている葬儀会社があります。各葬儀プランにおいて搬送から安置、葬儀施工まで全てを自社で行い、委託に出さないことで、費用を抑えることが可能になっています。葬儀社をお探しでしたら一度問い合わせて見られるとよいでしょう!

このページの先頭に戻る