家族葬と一般葬儀の違い|火葬・密葬・家族葬などの葬儀なら、東京で最も低料金の株式会社関東福祉サービスへ。

株式会社関東福祉サービス
小さなお葬式 特約加盟店
FAQ

家族葬と一般の葬儀はどう違いますか?

我々夫婦は高齢の両親を持つ身で、いつ何があってもおかしくない状態です。もしものことがあった場合、冷静に対処できるのか不安もあり、事前に調べておこうと思い東京の葬儀社さんを調べています。葬儀費用がどこも想像以上に高くびっくりしています。参列者はごく親しい身内だけで行う予定ですし、両親の年齢からも親しい人はわずかしかいません。体力的に告別式に参列して頂けるかも分かりませんので、あくまでも少人数の葬儀を考えています。家族葬というプランを目にしますが一般の葬儀とは違うのでしょうか?家族葬と一般の葬儀はどちらが費用を抑えられますか?
answer

家族葬は一般葬より参列者が少人数の葬儀プランです

家族葬”はご家族とご親族のみで通夜・葬儀を行うプランです。通夜・告別式・火葬の一通りの流れは全て行いますので、一般の葬儀より少人数で行うことだけが違いと言えるでしょう。
東京で最も低料金であると自信を持つ葬儀社があります。外部の委託業者を使わず全て自社で執り行うため費用を最小限に抑えられているそうです。
近年は少人数による葬儀が増えているため、ご遺族様の費用やお時間の負担を減らすための葬儀プランが用意されています。こちらの家族葬は30名くらいまでの参列者を想定したもので、身内だけの小規模なお葬式をお考えのご遺族様におすすめです。逆に一般葬は100名くらいまでを想定しており、費用も家族葬と比べると1.5倍くらい高くなります。
その他、ご心配事やご相談がありましたら直接問い合わせられるとよいでしょう。

このページの先頭に戻る