東京の火葬ならお任せ下さい。

株式会社関東福祉サービス
小さなお葬式 特約加盟店

東京の火葬【ポイントとFAQ】

東京で火葬を中心とした葬儀サービスを提供している会社です。最近は簡略化した葬式を望んでいる人が増えており、そのようなニーズに応えて私たちは火葬にも対応しています。火葬は通夜式も告別式も行わず、火葬場ですぐにお別れをするプランです。当社ではお迎えからご安置まですべて自社で行っています。追加料金が余計に発生しないシステムとなっていて、安心して利用できるサービスです。火葬式はシンプルなプランであり、無駄なものがすべて省かれています。少ない費用で利用することができ、負担が少ないです。

火葬 東京

火葬式のプランであっても、依頼を受ければすぐにご遺体のお迎えをします。その際には、お預かりも無料で対応しています。火葬場まで搬送をして、すぐに火葬を行うことができます。読経のための僧侶の用意もします。お棺やドライアイス、棺用布団、手続代行といったものもすべてプランに含まれているのが特徴です。東京都内にある齊場を紹介することができるため、希望に合った場所を手配します。また、当社は火葬だけではなく密葬や家族葬、生活保護葬といったプランも用意しています。さまざまな葬儀のニーズにできるだけ対応しようとしているのが株式会社関東福祉サービスです。

01火葬式を執り行う東京で最も低料金の葬儀社とは?

一般的な葬儀形式である「家族葬」、通夜式を行わず告別式のみを一日で行う「密葬(一日葬)」、通夜式、告別式を行わず火葬のみのシンプルな「火葬式(直葬)」などの葬儀を執り行っている東京の葬儀社があります。
東京で最も低料金と掲げており、葬儀費用を抑えたいと希望されるご遺族や生前予約のご希望が多い葬儀社として知られています。
火葬式は最もシンプルな葬儀形式で、ごく限られた親しい間柄の方のみが参列されます。式の当日、直接火葬場に行き、火葬場で最後のお別れ時間を過ごすだけのもの。火葬式は「出来るだけ費用を安くしたい」というご遺族の要望から始められるようになった為、費用を抑えるために形式的なこと省き、必要以上の手数料をかけないものになっています。このことで低料金が実現でき、ご遺族様への負担が抑えられます。
葬儀の規模に関係なく故人を弔う気持ちが大切で、残された遺族がしっかり生きることが最高の供養と考えられています。生き方や家族の在り方変化しているように、シンプルな葬儀形式の需要は更に増えるでしょう。
東京は火葬場や斎場の予約が常にいっぱいで、葬儀を希望日程で出来ないとの声が多いため、葬儀社選びは少し前から始められるのが無難です。火葬式を希望される場合もお早めに相談されるとよいでしょう。

02火葬式へ参列するのが初めての方が知っておくべきマナー

火葬式とは葬儀形式の一つであり、その名の通り、火葬を行うのみの最もシンプルな葬儀のことです。
通夜や告別式を行わず、限られた親しい近親者のみで火葬場に行き、出棺前にお別れをして火葬後にお骨上げを行うだけのものです。故人のご家族から訃報の連絡があり、葬儀に参列することになった場合、一般の葬儀と異なるのでどのような服装マナーが必要か分からない方が多いと思います。
知っておくと役立つ服装やマナーをご説明します。
火葬だけの式なのでそれほど厳密な喪服にこだわらなくてもよいとされ、参列者は略喪服の着用で問題ありません。男性は黒や濃紺、ダークグレーなどの落ち着いた色合いのスーツ、シャツは白でネクタイやベルト、靴と靴下は黒を選び、光沢の入っているものは避けてください。

火葬式へ参列するのが初めての方が知っておくべきマナー

女性は黒や濃紺などのダークカラーのスーツ、ワンピースで刺繍や柄が入っていないものが基本です。
白か暗めの色のブラウス、黒のパンプスで、ストッキングは黒か肌色のどちらでも構いません。スカートの丈は正座した時に膝が隠れる程度を目安とします。
男女とも、アクセサリー類は結婚指輪のみにして光沢がある腕時計やネクタイピンなどは選ばないようにします。女性は真珠の一連ネックレスに限り着用しても問題ありません。葬儀の場ですので派手なメイクやネイルも避けるのが礼儀です。
香典をご遺族に渡す場合は火葬場に向かう前に済ませておくのがおススメです。辞退されている場合は無理に渡さないようにしてください。
火葬場にはお花を置く場所が確保されていないため献花は控えるのが無難です。

03火葬式を選ばれる方の3つのお悩み

葬儀形式が多様化し、ご家庭により適した葬式を選ぶと言う認識が一般化しつつあります。
通夜・告別式を2日に分けて行う葬儀形式も「選択肢の一つ」であり、最もシンプルに火葬だけを行う火葬式も「選択肢の一つ」です。
告別式を伴わず、火葬炉前で最後のお別れをして、火葬と収骨のみを行うのが火葬式の流れです。火葬式を検討されている方が持たれることの多い3つのお悩みを挙げてみましょう。

1.火葬式は自分で火葬場に予約するのですか?

2.参列者がお棺にお花を飾ることは出来ますか?

3.火葬式に親族や知人が参列することは可能ですか?
 

火葬式は火葬炉前でわずかな時間でお別れを行うものですので、お花や思い出の品を入れるなどの時間や場所は設けられていないことが多いです。また、火葬炉前は限られたスペースのため、立ち会う参列者の人数が限られます。火葬式は参列者がごく限られた人数である前提のため、参列者が多い場合は別の葬儀形式を検討されるのがよいかもしれません。具体的にどのくらいの人数の立ち合いが可能かは葬儀社に確認しましょう。
火葬式の進め方についてですが、一般の方が火葬場に直接連絡をして、お棺を運び入れて火葬を行うことは出来ません。葬儀社に火葬式を依頼する必要があります。
故人様が亡くなられた場所まで寝台車でお迎えに上がり、安置所でご遺体をお預かりします。ドライアイスが含まれている他、お花をお棺の中に手向けてくれる業者もあり、丁寧な対応は他の葬儀形式と変わりません。

04数ある葬式の種類から火葬式の需要が増加している理由とは?

火葬 東京

ご家族に不幸が起こると、落ち着く暇もないまま葬儀の準備をしなくてはいけません。事前に十分な準備をしておくことがあまりないのが葬儀の特徴と言えます。
葬式の種類の中に、火葬のみを行う「火葬式」があります。「直葬(ちょくそう)」とも呼ばれています。
故人を見送る儀式としての「葬儀」が一般的ですが、実は葬儀をしなくてはいけない法律は定められていません。しかし、埋葬(土葬)と火葬は必ずしなければいけないと定められており、ほとんどのケースで火葬して埋葬する方法が選ばれています。

昔は土葬が行われていたものの、近年では条例により土葬できる場所も限られていますので、土葬は選択されなくなりました。
最近では葬儀形式にこだわらない人も多く、ごく親しい方の参列のみで行われる火葬式を選ぶ方も増えています。
火葬式では、ご遺体を自宅もしくは病院、安置されている場所などから直接、火葬場に搬送します。病院では長時間ご遺体の安置は出来ないため、安置所を所有している葬儀社へ依頼すると安心です。日本の法律では死後、24時間以上経過しないと火葬は出来ないことや、火葬場のスケジュールによっては直ぐに火葬が行えないこともあるため、ご遺体の安置場所が大切なポイントとなります。
費用を極力かけず、親しい者のみで故人を見送りたいという方に適しています。
葬儀・告別式を行うのが普通と考える人に理解されにくい側面がありますが、核家族化や人付き合いの薄れから葬儀が小規模化している昨今において、葬儀への認識が変わっていくと予測できます。

05東京で火葬式の相談ができる葬儀社の対応エリア

火葬式は近年増えている葬儀プランであり、お通夜や告別式などを行わず限られた親しい方のみで行う葬式です。お亡くなりになった方は24時間を経過しないと火葬できないのが日本の法律です。
火葬式を執り行っている東京、台東区の葬儀社の葬儀の流れはこのようになります。

葬儀の流れ
1.寝台車でお迎え
病院、もしくは亡くなられた場所まで寝台車でお迎えにあがります。安置所を持っている葬儀社のため、日数無制限にて、無料でご遺体のお預かりが可能です。ドライアイスの費用は一日分無料。その間に火葬式の準備を始めます。
2.納棺
3.火葬〜お支払い
故人様を寝台車で火葬場へ搬送し、ご遺族様とは火葬場で待ち合わせとなります。火葬前に最後のお別れを頂き、火葬が終わるのをお待ちいただきます。
僧侶を呼ぶ場合、読経後にお布施をお渡し頂いて終了です。

故人様を寝台車で火葬場へ搬送し、ご遺族様とは火葬場で待ち合わせとなります。火葬前に最後のお別れを頂き、火葬が終わるのをお待ちいただきます。
僧侶を呼ぶ場合、読経後にお布施をお渡し頂いて終了です。

対応エリアは、東京都、神奈川、埼玉県、千葉県ですが、詳しくは以下のようになります。

東京都/23区全域、多摩エリア、北多摩エリア、西多摩エリア
神奈川県/横浜エリア、川崎エリア、相模原エリア、横須賀三浦エリア、湘南エリア、県央エリア、西湘エリア、足柄上エリア
埼玉県/さいたま市、中央エリア、東部エリア、西部エリア、北部エリア、秩父エリア
千葉県/千葉市、千葉エリア、東葛飾エリア、安房エリア、印旛エリア、君津エリア、夷隅エリア、香取エリア、海匠エリア、山武エリア、長生エリア

06東京の葬儀社で火葬式を執り行う場合の費用目安

通夜、告別式を行わず、火葬だけのお別れ式である""火葬式""を選ばれるご遺族様は次のようなケースが見られます。

・葬儀費用を抑えたい
・故人が高齢で亡くなったため、葬儀に呼べる親族や知人が少ない
・お葬式の形式にこだわりがない
・親しい者のみで故人を見送りたい

東京の葬儀社で火葬式を執り行う場合の費用目安

葬儀はご親族の方などと共に火葬場へ行き、火葬を行うだけのとてもシンプルな内容です。参列者が多いと気遣いが多く、精神的にも体力的にも、そして費用的にも負担が多くなります。火葬式は、ごく限られた人のみで穏やかにお別れの時間を持てるため、ご負担も最小限となります。

東京の台東区にある葬儀社で火葬式を執り行う場合の費用目安と、プランに含まれるものは以下のようになります。

●火葬式葬儀料金
150,000円〜(税別)+火葬費用実費(斎場により異なります)
・プランに含まれるもの
寝台車、ドライアイス(一日分)、運営スタッフ、お棺、仏衣一式、棺用布団

●斎場の費用目安
・臨海斎場:火葬費用 34,500円〜(税別)
・都営瑞江斎場:火葬費用 60,800円〜(税別)、骨壺代 7,000円〜(税別)
・横浜市営斎場:火葬費用 12,000円〜(税別)
・川崎市営斎場:火葬費用 4,500円〜(税別)

金額は変動することがありますので、参考として頂き、適時確認下さい。

07東京の葬儀社で火葬式が選ばれる3つのポイント

葬儀の規模や形式は、故人様がご希望を生前に家族に伝えられる場合もあれば、残されたご遺族様が決められる場合もあります。ご家族に負担をかけないよう、葬儀費用を残されていたり、生前予約されていることも多いものです。
一般的な葬儀は費用が高く、残されたご遺族には大きな出費になることから、小規模で費用を抑えられる葬儀形式へと傾向が変わってきています。
最もシンプルな葬儀は火葬だけを行う火葬式であり、通夜や葬儀式を行わず、火葬場でお別れをするものです。
東京の葬儀社に、火葬式が選ばれる3つのポイントを挙げて頂きました。

01葬儀費用の負担を軽減したい


02わずかな参列者しかいないため、小さな葬儀で見送りたい


03形式的な葬儀を希望せず出来るだけ簡単な式にしたい


故人様とご遺族様や近親者の方との繋がりは様々であり、少人数の参列者によるお別れを希望され、形式的なものを望まないケースも珍しくありません。また、お墓を持たない方は永代供養や納骨堂を利用されるなど様々な選択をされています。
核家族化や未婚の人の増加、高齢化社会など、家族のあり方の変化や死生観の変化も葬儀のスリム化に繋がっていると考えられ、火葬式の需要は今後も増えていくと想定できます。

08東京の葬儀社が執り行う火葬式と他社との違い

現代の日本では、ほとんどのご遺体が火葬によ葬られています。土葬は現在も法律で認められているものの、地方自治体によっては条例により禁止している場合が多く、土葬許可はおりにくくなっているのが現状です。
火葬が一般的になったのは明治時代以降と言われ、伝染病予防法により都市部での土葬が禁止され、火葬文化へと変化しました。さらに時代が流れ、通夜や告別式を行わず、故人とのお別れを火葬場で行う「火葬式」の需要が年々増えています。
火葬式を希望される理由は様々であり、時代のニーズから自然に一般化していったと考えられます。
東京の台東区にある葬儀社でもこの火葬式の依頼が増えているとのことで、他社とは違う火葬式の特徴についてお聞きしました。

・役所への葬儀手続き代行
・ご遺体のお迎えと葬儀社の用意した安置所への搬送
・納骨先の相談が出来る
・散骨手配も可能


わずかな参列者による火葬式は、他の葬儀形式と異なり、ご遺体の搬送場所に困るケースが多いものです。こちらの葬儀社では安置所を設けているため、火葬までのお預かりが可能であり、すべてが費用に含まれています。また、""お墓を所有していない""""墓じまいを希望されている""場合、納骨先の相談ができるほか、散骨を希望される場合の手配も格安で代行するサービスを提供しています。

09東京の葬儀社での火葬式の相談事例

火葬式は、亡くなった故人のご遺体を寝台車で火葬場にお運びし、火葬場で最後のお別れを行います。火葬場はスペースが限られていますので、ごくわずかな人で火葬を見守り、故人様を偲びます。最も費用の負担が少なくシンプルなお式ですが、僧侶を呼び、読経してもらうことも出来ます。
東京などの大都市ではこの火葬式の需要が増えており、葬儀を縮小する傾向にあります。冠婚葬祭への規模縮小傾向は参列者の高齢化や伝統的な形式にこだわらない考え、時間の自由度が少ないことなど、社会構造が大きく反映していると考えられます。このような社会の変化に対応しながら、故人様の最後のお見送りをして来られた東京の葬儀社に、火葬式の相談事例についてお聞きしました。

東京の葬儀社での火葬式の相談事例

東京の下町で生まれ育ったご主人を亡くされた奥さまから、当方に葬儀のご相談を頂きました。故人様がかねてから、告別式などは行わず、ささやかな葬儀を希望されていたとのことです。ご高齢の方や、参列者が限られている場合、火葬だけを行う火葬式や密葬が選ばれていますとご説明致しました。ご子息様がなく、喪主の奥さまと奥さまの妹様ご夫婦の3名様による参列で火葬式を執り行いました。
葬儀は通夜から告別式と2日に分けて行うものだとお考えだったそうですが、火葬式を選ばれたことで時間も短縮でき、体力的にも負担が少なかったですとお礼の言葉を頂戴しました。

10火東京の葬儀社に聞く火葬式のよくある3つの質問

火葬式とは、亡くなった方のご遺体を直接火葬場に搬送し、火葬を行う最もシンプルな葬式です。
極力静かに葬儀を行いたい、参列者が少ない、葬儀費用を抑えたい方が選ばれる傾向があり、都市での需要が伸びています。故人を偲ぶ気持ちは、残された方の心で生き続けるとも言え、葬儀の簡略化は今後さらに進むと考えられています。
東京で火葬式を数多く執り行っている葬儀社に、ご遺族様からよくある3つの質問を挙げて頂きました。

質問 ご相談してすぐに火葬して頂けるのでしょうか?
回答 日本の法律により、24時間経過してからでないと火葬は出来ません。24時間経過後にて、火葬場との都合に応じてご相談となります。
質問 亡くなった場所からどのように火葬場に運ばれますか?
回答 病院もしくは亡くなられた場所まで寝台車でお迎えにあがります。当社の安置所では日数無制限にてご遺体をお預かりしており、火葬日が決まりましたら、安置所より寝台車で火葬場に搬送致します。ご家族の皆様とは火葬場で待ち合わせをさせて頂き火葬を行う流れとなります。
質問 お棺の中にお花や家族の写真を入れる事は出来ますか?
回答 火葬式プランの中にお花が含まれています。
費用を抑えたお式ですが、他のプランと遜色のないお棺、お布団、仏衣をご用意し、花束で故人様を飾らせて頂きます。火葬前の最後のお別れの際にお写真をお入れください。

11東京で火葬式を行う場合の葬儀社選びの注意点

POINT 葬式のスタイルは時代の変化とともに、その価値観が変わり、故人の希望やご遺族の事情に合わせて葬儀形式が選ばれるようになりました。
宗教に対して関心が希薄であったり、参列者の多い告別式を望まず、身内のみでひっそりとお見送りしたい、葬儀費用を抑えたいという方に選ばれるのが""火葬式""です。
通夜や告別式を行わず、火葬場で故人とのお別れを行うだけの簡易な式となっています。
火葬式の需要が増えている東京で、葬儀社選びの注意点をご紹介しましょう。

●料金に含まれるものを十分確認する
葬儀社の中には安い葬儀費用を掲げながら、実際には必要な物品やサービスが含まれておらず、追加料金が発生することがあります。火葬式プランに含まれるものと全ての料金が見積書に記載されているか必ず確認しましょう。

●菩提寺や納骨堂の紹介などが行えるか
お付き合いのある菩提寺がない場合、納骨に困るケースがあります。葬儀社の中には菩提寺や納骨堂の手配を代行してくれるところがありますので、事前に相談されるとよいでしょう。

安置所を設けている葬儀社である
故人の遺体をお迎えに上がり、安置する場所を所有している葬儀社を選ぶのが無難です。時期によっては火葬場の予定がいっぱいで数日間、葬儀が行えないケースもあります。暑い時期であればドライアイスも必要となります。
そのため、安置所を所有しており、数日の安置が必要であっても追加費用がかからない葬儀社を選ぶのがベストでしょう。

12火葬式における業界用語の解説

葬式の中で最もシンプルな形式である火葬式は、火葬場に直接向かい、最後のお別れを行った後に火葬を見守るというものです。
ここでは、火葬式や葬儀で耳にする葬儀用語をいくつか選び解説しましょう。
●斎場
斎場は、通夜や葬儀、告別式などの葬儀全般を行う施設のことを指します。葬儀場、セレモニーホール、葬儀会館と呼ぶところもあります。
お通夜まで遺体を安置できる場所や葬儀後の会食、遺族の宿泊ができる施設もあり、機能はそれぞれ異なります。
斎場には「公営」と「民営」があり、「公営」は市町村区が運営し、実務は葬儀社が行います。公共施設のため地域住民は費用が安く抑えられるのがメリットです。
一方、「民営」は民間企業が斎場を運営しているため、葬儀社を選ぶことを意味します。施設数が多いため希望の施設を予約しやすいメリットがあります。
●仏衣一式
「仏衣(ぶつえ)」とは、亡くなった方に着せる着物のことです。死装束(しにしょうぞく)や経帷子(きょうかたびら)と呼ばれることもあります。
仏衣一式には他に、白足袋、わらじ、手甲(てっこう)、頭蛇袋、数珠、杖、三角頭巾などが伝統的な仏教スタイルです。亡くなった方がこの世を離れ、来世に至るまでの49日間の旅支度を行うという意味があります。
近年は様々な種類の仏衣があるため、予算と合わせて選ばれることが多くなっています。
●返礼品
葬儀における返礼品とは、通夜や告別式の参列者にお礼状をつけて渡す品物のことです。
香典を頂かなくても弔問客全員にお渡しします。

FAQ一覧

お役立ち情報

火葬をする際にかかる時間はどのくらい? 火葬にかかる時間が分かる内容となっています。
はじめて葬儀に参列する方でも、火葬に立ち会ったことがないという方も多いと思うので、待ち時間の過ごし方なども記載しているので、参考にしてください。
火葬式だけで本当に大丈夫? 葬儀に火葬式を選んで本当に大丈夫なの?という質問に対する答えを記載しています。
通夜式や告別式などの儀式を省いて遺族などの親しい者数名で火葬のみで執り行われる葬儀を、最近では選択する人が増えていることが紹介されています。
火葬式を行う人が増えているって本当なの? 火葬式を選択しても大丈夫なの?という疑問に対する答えが書かれた内容となっています。
火葬式が最近増えているかどうかについても紹介しているので、火葬式を行うことに不安を抱えている方には参考になると思います。
火葬式を選択した場合の注意点とは 火葬式を初めて執り行う方が注意すべきことを解説しています。
火葬式は数ある葬儀のスタイルの中でも最も費用を抑えられ、最近では選択する人の数も増加傾向にあります。しかし、気を付けなればトラブルになる可能性が高い理由などが記載されています。
火葬式を選ぶ人はどのくらいいるの? 火葬式を選択する人の割合や、火葬式の費用について分かる内容となっています。
火葬式を選択する理由や火葬式のデメリットなども記載しているので、家族や自分の葬儀に火葬式を考えている方はチェックしてみてください。
費用面以外で火葬式を選ぶメリットとは 火葬式を選択することで葬儀費用を抑えられる以外のメリットを記載しています。
火葬式のデメリットについても触れているので、最終的にはメリットとデメリットを天秤にかけて自身で判断してください。

このページの先頭に戻る