東京の家族葬ならお任せ下さい。

株式会社関東福祉サービス
小さなお葬式 特約加盟店

東京の家族葬【ポイントとFAQ】

東京で家族葬をはじめ葬儀の準備を請け負っているのが私たちのサービスです。家族や親族のみで葬儀を行うというプランが家族葬で、通夜と葬儀は行います。当社ではご遺体の搬送から安置、葬儀の施行などをすべて自分たちで行っているのが特徴です。委託をすることがないため余計な費用が発生せず、リーズナブルなプランの葬儀を提案することに成功しています。キリスト教式や神式、友人葬などにも対応しています。ご遺体のお迎えを寝台車で行います。安置場所の相談にも対応可能です。通夜や告別式の準備は当社のス

家族葬 東京

タッフがしっかりと行い、当日の司会をするスタッフも用意します。火葬場での最後のお別れまでしっかりとサポートをします。また、必要な手続きの代行もすべて当社のほうで行っています。そのため、利用するときには、自分たちでする作業は最低限のものであり、負担が少ないのが特徴です。エリア内にある斎場から最適なものを選ぶことができます。納骨や散骨のための手配をすることも可能です。困っていることがあれば、できる限りの対応をすることを心がけています。葬儀に関する幅広い需要に応えているのが私たちの強みです。東京で葬儀に関する要望や悩みがあるときには、ぜひとも株式会社関東福祉サービスにご相談ください。

01宗派に合わせた家族葬の対応が可能な東京の葬儀社とは?

東京の数ある葬儀社の中で様々なプランの葬儀形式に対応し、東京一の低料金で提供されている葬儀社があります。仏式、キリスト教式、神式、友人葬(創価学会式)など宗派に合わせた葬儀の対応も可能です。
こちらが提供するプランの一つである家族葬は、ご家族を中心に親しいご友人も参列される葬儀形式で、30名くらいの参列者を対象にしたもの。一般の葬儀形式で参列者が少なめの場合に選ばれています。
葬儀の内容は通夜、告別式、火葬と通常の葬儀の流れを一通り行います。この葬儀社ではご遺体の搬送から安置、葬儀施行を全て自社で行い、外部委託を利用しないため、コストダウンが実現し、他社よりも安い料金を可能にしています。また、無駄な経費を出さないよう企業努力されながら、他社に負けない葬儀クオリティを維持しているため、お客様からの高い評価を得ています。
参列者が増える場合や減る場合など、人数に合わせた柔軟な対応も可能ですので、急遽の変更時も安心です。
葬儀の喪主になる経験、葬儀社を探す経験に慣れた人は少なく、多くの人が慌ててしまうものです。
大切なご家族のお別れが近い方は、悲しみが深くなる前に葬儀社を決めておくと気持ちの負担が多少減りますので参考にしてください。

02家族葬プランにおける参列者の範囲は?喪主が初めての方へのお役立ち情報

家族葬とはご家族を中心に近親者で行う葬儀形式で、通常の葬儀よりも少ない30名ほどの参列者で執り行います。通夜、告別式、火葬の一連の流れは全て行いますが葬儀規模が小さくなる分、費用が抑えられます。少人数の葬儀に合わせた式場を選びますから事前に参列者の範囲を決めておく必要があります。時に、この参列者をめぐり親戚間でトラブルが起こることがあるためです。家族葬では故人の両親と子供の家族、兄弟までを参列者として呼ぶことが一般的です。特に決まりがあるわけではないのですが、この範囲において30名前後の人数になることが多いからだと考えられます。家族以外にも故人と親しかった友人や知人を招くこともありますし、故人の遺志を尊重して生前親しかった仕事関係者を呼ぶこともあります。明確にしておかないと後のトラブルに発展しかねないのは訃報のお知らせの仕方です。

家族葬プランにおける参列者の範囲は?喪主が初めての方へのお役立ち情報

親戚や近所の人へ普通にお知らせをしてしまうと葬儀の案内と勘違いされることがよくあります。家族葬の場合は誤解を招かぬように、家族・近親者のみで葬儀を行うことを丁寧にお伝えして、香典もお断りするのがよいでしょう。参列をご遠慮頂くことで気を悪くされないよう、心を配ることが大切です。

03家族葬における3つのお悩みとは

「葬儀」とは故人の冥福を祈り、成仏祈願を行う儀式のことであり、僧侶を招き、遺族や近親者を中心に行われるものです。
冠婚葬祭や法事などがなければ親族で集まる機会が無くなっている昨今、葬儀の機会に集まり、故人が生きた証と、死を受け止めて送り出すことで親族の絆を深める意味もあると考えられています。家族葬はまさに親族を中心に行われるもので、通夜・葬儀告別式・火葬を2日に分けて行う一般的な葬儀より参列者の少ないものと捉えるとよいでしょう。
家族葬において、ご相談の多い3つのお悩みと対応についてご紹介します。同じお悩みを持たれている方の参考になれば幸いです。

1.故人が身内だけの葬儀を希望していたが30名近くの参列者がいる場合どうすればよいか
30名前後の参列者による葬儀として最適なのが家族葬プランです。人数が少なめであることで体力的にも費用的にもご負担が減ります。

2.自宅に遺体を安置する場所がない
ご遺体の安置所を備えている葬儀社を選びましょう。安置料金を無料としている会社もありますので詳細を確認するのが賢明です。

3.葬儀場所を極力自宅近くで探したい
葬儀社によって対応エリアを設けています。希望される区内に斎場を持っている、手配できる会社を選び、日程と共に相談しましょう。

04葬儀の種類で選ばれることの多い家族葬について

家族葬 東京

葬儀を行う際、どこまでの範囲の方に参列頂くか、連絡すればよいか、悩まれることが多いようです。
故人様の社会的立場や、ご友人・知人関係、ご親族とのつながりなどによって大きく変わるでしょう。
基本的に、一般的な葬儀で親族に伝える目安は二親等以内の血族です。しかし、連絡をする範囲や参列者の人数に決まりはなく、ご家族の考え方次第といえますので、十分な話し合いが必要です。

家族葬と一般葬の葬儀形式は通夜、告別式、火葬を2日にかけて執り行う点で同じですが、参列者の人数が異なる点で定義が異なります。
公正取引委員会が定める暫定的な定義では、親族や親しい友人のみが参列する50名未満の葬儀を「家族葬」、50名以上が参列する葬儀を「一般葬」と定めています。参列者が親族中心であれば、対応などの精神的負担が軽減でき、故人との最後のお別れ時間をゆっくり過ごせるメリットがあるため、数ある葬儀の種類でも需要が高いことが納得できます。
参列者の多い一般葬よりも心労、経済的負担が少ない葬儀であるとも言えます。一方で、訃報の連絡を控えると葬儀後に不幸を知った方への対応がポイントとなります。知らせを葬儀後に聞いたことへの不満の声が上がるなど、時にトラブルに発展するケースもありますので、失礼のないようお知らせすることが重要です。

05東京・台東区の葬儀社が執り行う家族葬の対応エリア

家族葬は、ご家族やご親族が中心ですが、故人と親しかったご友人や知を招いて行う事もある葬儀プランです。一般の葬儀よりも参列者が少ない規模ですが、通夜式、告別式、火葬の一連の流れを執り行います。
葬儀社によっては委託業者と連携して葬儀を執り行うことも珍しくありませんが、台東区にある葬儀社はご遺体の搬送、安置、葬儀施工の全てを自社で行っています。そのため、他社よりも低価格の葬儀費が実現でき、首都圏で最も安く葬儀を執り行う葬儀社とも言われています。
企業努力によるコストダウンを可能としながら、「葬儀の質は他社以上」と自負されている点からも葬儀社としてのあるべき姿を垣間見れます。
こちらの葬儀社で家族葬を行う場合の対応エリアは東京を初めとする以下の地域です。

【東京都】23区全域、多摩エリア、北多摩エリア、西多摩エリア
【神奈川県】横浜、川崎、相模原、横須賀三浦、湘南、県央、西湘、足柄上エリア
【埼玉県】さいたま市、中央エリア、東部エリア、西部エリア、北部エリア、秩父エリア
【千葉県】千葉市、千葉エリア、東葛飾、安房、印旛、君津、夷隅、香取、海匠、山武、長生などのエリア

関東エリアで葬儀社をお探しの方はお気軽に問い合わせしてみてください。

FAQ一覧

このページの先頭に戻る