葬儀を行う時のプランの選び方|東京の家族葬ならお任せ下さい。

株式会社関東福祉サービス
小さなお葬式 特約加盟店
FAQ

葬儀を行う時どのようにプランを選べばよいですか?

私はこれまでの人生で葬儀に参列した経験は恐らく5回くらいだと思います。祖父母、叔父と叔母、そして仕事の取引先関係の方の葬儀です。身内の場合は通夜・告別式と参列しましたが、仕事関係者の方の時は都合があり、葬儀だけ参列しました。身内の葬儀は全て私の地元の東北だったのですが、田舎ということもあり、近所の方やすごく親しいわけでもない知り合いの方までもが参列下さったりと、参列者の多い式だったと記憶しています。取引先の方の葬儀は仕事関係者がかなり参列していました。なのでごく一般的な葬儀を知りません。
両親が高齢でいつどうなってもおかしくない状態なので、葬儀を行う時に一般家庭がどのような葬儀プランを選ぶのか教えてください。
answer

参列者の数やどのような葬儀にされたいかでプランが変わります

家族の在り方や生活スタイルが多様化する現代において、葬儀の形式もそれに対応するプランが用意されるようになりました。ご予算や体力的な負担をかけたくない方、お世話になった方に参列いただき、賑やかに最後のお別れの式をされたい方など様々です。現実としては、都市を中心に葬儀の規模は縮小傾向にあり、御家族と近親者によるささやかなお式を希望されています。
葬儀プランを選ばれる際には、参列者の想定人数、どのような葬儀を希望されるかでプランを選びましょう。
葬儀社ではご遺族様の意向にあわせたプランを提案してくれますので事前に情報収集され、もしもの時に備えておかれてはいかがでしょうか。

このページの先頭に戻る