家族葬の流れとは|東京の家族葬ならお任せ下さい。

株式会社関東福祉サービス
小さなお葬式 特約加盟店
faq

Q

家族葬の流れとは

質問 今年で65歳を迎えて、四捨五入すると70歳だと思うとそろそろ本気で自分の死を向き合わなければいけないという気持ちになりました。
55歳で東京に出てきて、地元にはそれなりの友人や知り合いはいますが、今後も死ぬまで東京で暮らすことになると思うので、私が死んだら葬儀に来てくれる人の数は、家族を除くと多くて10人程度であると予想できます。ということで、家族に迷惑をかけないためにも葬儀は家族葬にすることにして、今から葬儀社も手配しておこうと思った次第です。家族葬というものには参列したことがないので質問させていただきますが、家族葬の流れについて教えてください。

yajirusi

A

基本的には一般葬と同じです

家族葬は、家族や親しい友人などが集まって執り行われる葬儀のことで、小規模な一般葬と考えてもらえれば良いです。
厳密な決まり事はなく、基本的には故人や喪主などの主催者側の思い通りに葬儀を執り行うことができます。葬儀の形式も自由に選ぶことができますが、流れとしては一般葬を同じと考えれば間違いありません。
葬儀社はできれば早めに決めた方が良いですが、亡くなってからでも構いません。手配の仕方も同じで、病院でお亡くなりになった場合は、病院で遺体を安置してもらっている間に葬儀社を決めて連絡すれば、その後は葬儀社がお迎えから葬儀の手配まで全て行ってくれます。
一般的な形式と異なることをご希望の場合は、葬儀社との打ち合わせの際にその旨を伝えれば、可能な限り要望に応えてくれます。

このページの先頭に戻る