東京の家族葬ならお任せ下さい。

株式会社関東福祉サービス
小さなお葬式 特約加盟店

東京の家族葬【ポイントとFAQ】

東京で家族葬をはじめ葬儀の準備を請け負っているのが私たちのサービスです。家族や親族のみで葬儀を行うというプランが家族葬で、通夜と葬儀は行います。当社ではご遺体の搬送から安置、葬儀の施行などをすべて自分たちで行っているのが特徴です。委託をすることがないため余計な費用が発生せず、リーズナブルなプランの葬儀を提案することに成功しています。キリスト教式や神式、友人葬などにも対応しています。ご遺体のお迎えを寝台車で行います。安置場所の相談にも対応可能です。通夜や告別式の準備は当社のス

家族葬 東京

タッフがしっかりと行い、当日の司会をするスタッフも用意します。火葬場での最後のお別れまでしっかりとサポートをします。また、必要な手続きの代行もすべて当社のほうで行っています。そのため、利用するときには、自分たちでする作業は最低限のものであり、負担が少ないのが特徴です。エリア内にある斎場から最適なものを選ぶことができます。納骨や散骨のための手配をすることも可能です。困っていることがあれば、できる限りの対応をすることを心がけています。葬儀に関する幅広い需要に応えているのが私たちの強みです。東京で葬儀に関する要望や悩みがあるときには、ぜひとも株式会社関東福祉サービスにご相談ください。

01宗派に合わせた家族葬の対応が可能な東京の葬儀社とは?

東京の数ある葬儀社の中で様々なプランの葬儀形式に対応し、東京一の低料金で提供されている葬儀社があります。仏式、キリスト教式、神式、友人葬(創価学会式)など宗派に合わせた葬儀の対応も可能です。
こちらが提供するプランの一つである家族葬は、ご家族を中心に親しいご友人も参列される葬儀形式で、30名くらいの参列者を対象にしたもの。一般の葬儀形式で参列者が少なめの場合に選ばれています。
葬儀の内容は通夜、告別式、火葬と通常の葬儀の流れを一通り行います。この葬儀社ではご遺体の搬送から安置、葬儀施行を全て自社で行い、外部委託を利用しないため、コストダウンが実現し、他社よりも安い料金を可能にしています。また、無駄な経費を出さないよう企業努力されながら、他社に負けない葬儀クオリティを維持しているため、お客様からの高い評価を得ています。
参列者が増える場合や減る場合など、人数に合わせた柔軟な対応も可能ですので、急遽の変更時も安心です。
葬儀の喪主になる経験、葬儀社を探す経験に慣れた人は少なく、多くの人が慌ててしまうものです。
大切なご家族のお別れが近い方は、悲しみが深くなる前に葬儀社を決めておくと気持ちの負担が多少減りますので参考にしてください。

02家族葬プランにおける参列者の範囲は?喪主が初めての方へのお役立ち情報

家族葬とはご家族を中心に近親者で行う葬儀形式で、通常の葬儀よりも少ない30名ほどの参列者で執り行います。通夜、告別式、火葬の一連の流れは全て行いますが葬儀規模が小さくなる分、費用が抑えられます。少人数の葬儀に合わせた式場を選びますから事前に参列者の範囲を決めておく必要があります。時に、この参列者をめぐり親戚間でトラブルが起こることがあるためです。家族葬では故人の両親と子供の家族、兄弟までを参列者として呼ぶことが一般的です。特に決まりがあるわけではないのですが、この範囲において30名前後の人数になることが多いからだと考えられます。家族以外にも故人と親しかった友人や知人を招くこともありますし、故人の遺志を尊重して生前親しかった仕事関係者を呼ぶこともあります。明確にしておかないと後のトラブルに発展しかねないのは訃報のお知らせの仕方です。

家族葬プランにおける参列者の範囲は?喪主が初めての方へのお役立ち情報

親戚や近所の人へ普通にお知らせをしてしまうと葬儀の案内と勘違いされることがよくあります。家族葬の場合は誤解を招かぬように、家族・近親者のみで葬儀を行うことを丁寧にお伝えして、香典もお断りするのがよいでしょう。参列をご遠慮頂くことで気を悪くされないよう、心を配ることが大切です。

03家族葬における3つのお悩みとは

「葬儀」とは故人の冥福を祈り、成仏祈願を行う儀式のことであり、僧侶を招き、遺族や近親者を中心に行われるものです。
冠婚葬祭や法事などがなければ親族で集まる機会が無くなっている昨今、葬儀の機会に集まり、故人が生きた証と、死を受け止めて送り出すことで親族の絆を深める意味もあると考えられています。家族葬はまさに親族を中心に行われるもので、通夜・葬儀告別式・火葬を2日に分けて行う一般的な葬儀より参列者の少ないものと捉えるとよいでしょう。
家族葬において、ご相談の多い3つのお悩みと対応についてご紹介します。同じお悩みを持たれている方の参考になれば幸いです。

1.故人が身内だけの葬儀を希望していたが30名近くの参列者がいる場合どうすればよいか
30名前後の参列者による葬儀として最適なのが家族葬プランです。人数が少なめであることで体力的にも費用的にもご負担が減ります。

2.自宅に遺体を安置する場所がない
ご遺体の安置所を備えている葬儀社を選びましょう。安置料金を無料としている会社もありますので詳細を確認するのが賢明です。

3.葬儀場所を極力自宅近くで探したい
葬儀社によって対応エリアを設けています。希望される区内に斎場を持っている、手配できる会社を選び、日程と共に相談しましょう。

04葬儀の種類で選ばれることの多い家族葬について

家族葬 東京

葬儀を行う際、どこまでの範囲の方に参列頂くか、連絡すればよいか、悩まれることが多いようです。
故人様の社会的立場や、ご友人・知人関係、ご親族とのつながりなどによって大きく変わるでしょう。
基本的に、一般的な葬儀で親族に伝える目安は二親等以内の血族です。しかし、連絡をする範囲や参列者の人数に決まりはなく、ご家族の考え方次第といえますので、十分な話し合いが必要です。

家族葬と一般葬の葬儀形式は通夜、告別式、火葬を2日にかけて執り行う点で同じですが、参列者の人数が異なる点で定義が異なります。
公正取引委員会が定める暫定的な定義では、親族や親しい友人のみが参列する50名未満の葬儀を「家族葬」、50名以上が参列する葬儀を「一般葬」と定めています。参列者が親族中心であれば、対応などの精神的負担が軽減でき、故人との最後のお別れ時間をゆっくり過ごせるメリットがあるため、数ある葬儀の種類でも需要が高いことが納得できます。
参列者の多い一般葬よりも心労、経済的負担が少ない葬儀であるとも言えます。一方で、訃報の連絡を控えると葬儀後に不幸を知った方への対応がポイントとなります。知らせを葬儀後に聞いたことへの不満の声が上がるなど、時にトラブルに発展するケースもありますので、失礼のないようお知らせすることが重要です。

05東京・台東区の葬儀社が執り行う家族葬の対応エリア

家族葬は、ご家族やご親族が中心ですが、故人と親しかったご友人や知を招いて行う事もある葬儀プランです。一般の葬儀よりも参列者が少ない規模ですが、通夜式、告別式、火葬の一連の流れを執り行います。
葬儀社によっては委託業者と連携して葬儀を執り行うことも珍しくありませんが、台東区にある葬儀社はご遺体の搬送、安置、葬儀施工の全てを自社で行っています。そのため、他社よりも低価格の葬儀費が実現でき、首都圏で最も安く葬儀を執り行う葬儀社とも言われています。
企業努力によるコストダウンを可能としながら、「葬儀の質は他社以上」と自負されている点からも葬儀社としてのあるべき姿を垣間見れます。
こちらの葬儀社で家族葬を行う場合の対応エリアは東京を初めとする以下の地域です。

【東京都】23区全域、多摩エリア、北多摩エリア、西多摩エリア
【神奈川県】横浜、川崎、相模原、横須賀三浦、湘南、県央、西湘、足柄上エリア
【埼玉県】さいたま市、中央エリア、東部エリア、西部エリア、北部エリア、秩父エリア
【千葉県】千葉市、千葉エリア、東葛飾、安房、印旛、君津、夷隅、香取、海匠、山武、長生などのエリア

関東エリアで葬儀社をお探しの方はお気軽に問い合わせしてみてください。

06東京の葬儀社で家族葬を依頼する場合の費用の目安

通夜式、告別式、火葬の一連の流れを行う一般的な葬儀で、30名くらいまでの参列者によって行われる葬儀プランを"家族葬"と呼びます。
ご家族とご親族を中心に、親しいご友人を招いて行うこともあります。葬儀は規模が大きくなるほど費用負担も増えますので、近年では小規模な葬儀を希望されるご遺族様が多い傾向です。

東京の葬儀社で家族葬を依頼する場合の費用の目安

ご遺体の搬送から安置、葬儀施工まですべてを自社で執り行う東京都台東区の葬儀社では、コストを極力抑え、安く葬儀を執り行えるよう務められています。委託業者と提携して葬儀を行う他社とは数十万円の差が出ることもあり、東京で最も低価格の葬儀社と称されています。
こちらの葬儀社で家族葬を行う場合の費用目安は次のようになります。

家族葬料金:約400,000円〜(税別)
プランに含まれるもの:寝台車、ドライアイス(一日分)、枕飾り一式、ご安置料金、お棺、仏衣一式、棺用布団、手続き代行、生花祭壇、遺影写真、受付セット、司会スタッフ、運営スタッフ、式中初七日、白木位牌、花束、自宅飾り一式、会葬令状
葬儀当日、火葬が終わりましたらその場で料金のお支払いをするシステムです。僧侶をお呼びしている場合は、読経後にお布施をお渡し頂き、完了となります。

家族葬を検討されている方は参考にしてください。

07東京の葬儀社による家族葬プランが選ばれる3つのポイント

一般的な葬儀より少人数の参列者ながら、通夜・告別式・火葬の一連の流れを全て行う葬儀形式を家族葬と呼んでいます。
東京都台東区にある葬儀社はご遺体の搬送、安置から葬儀施工までのすべてを自社で執り行うことでコストを抑え、葬儀費用の高い東京で最も料金の安い葬儀社であると言われています。
葬儀費用の安さに加え、こちらの葬儀社で家族葬プランが選ばれる3つのポイントをご紹介しましょう。

01お安く費用を抑えながらも他社以上の葬儀品質である


02ご遺体を自社の安置所にて無料でお預かり可能


03キリスト教式、神式、友人葬(創価学会式)にも対応可能


葬儀の費用がお安くできても貧相な葬儀であれば故人に顔向け出来なかったり、参列者にも恥ずかしい思いをします。こちらでは委託を利用せず、すべて自社で行うことで費用を抑え、他社以上の葬儀品質を誇っています。安置所を設けていますので、ご自宅でご遺体の安置が難しい場合も安心であり、斎場の都合などにより、すぐに葬儀が行えない場合でもお預かりは何日でも無料です。
さらに、宗派を問わず対応していますので、これまで葬儀社探しに大変な経験をされた方にもお勧めです。

08台東区の葬儀社による家族葬プランの他社との違い

予想外に費用が高く、見積書を見て毅然とされる方の多い葬儀費用。故人を亡くした悲しみの中、冷静に葬儀社を選び、葬儀を執り行うのも簡単なことではありません。葬儀社を事前に探しておくのは不謹慎なことではなく、万が一の備えになります。
東京の台東区にある葬儀社には様々な葬儀プランが用意されており、参列者の人数や葬儀形式、ご予算に合わせて選ぶことができます。
参列者が30名くらいまでで、通夜・告別式・火葬を2日に分けて行う一般的な葬儀プランが「家族葬」であり、ご家族とご親族、親しいご友人が招かれ執り行われます。こちらの葬儀社の家族葬料金は、首都圏の他の葬儀社ではありえない低料金であるとのことで、他社との違いをお聞きしました。
多くの葬儀社では搬送・安置・葬儀施工の一部、もしくは大部分を外部に委託するケースが多いそうです。中間マージンが嵩むことで葬儀費用が高くなったり、葬儀後に追加料金が発生するなど、数十万の差額が出ることも少なくないとのこと。一方、こちらの葬儀社はすべてを自社で行っているため追加料金が発生せず、どこよりもお安くすることが可能です。そのため、複数の葬儀社に相見積もりをされる場合は、最後にご連絡くださいと伝えられています。
料金がお安くできるだけでなく、葬儀品質は他社以上と自負されており、葬儀社をお探しの方にお勧めです。

09東京の葬儀社での家族葬の相談事例

家族葬とはその名称からくるイメージのように、ご家族や親族などの""お身内""を中心に親しい方が参列する葬儀形式のことです。
通夜・告別式・火葬を行う一般的な葬儀と流れは同じながら、30名くらいまでの参列者を想定した葬儀となっています。
東京の台東区にある葬儀社に家族葬の相談事例についてお聞きしました。

東京の葬儀社での家族葬の相談事例

葬儀規模がが縮小化している昨今ですが、通夜から告別式までの一通りの流れで故人をお見送りしたいというご遺族様も多く、ご相談を頂いております。
""関東に住んでいる家族、親戚が参列しますので30名〜40名での葬儀をご相談したいのですが""とお電話いただいたのは、喪主のご子息様でした。お父様が他界され、葬儀社をお探しだったとのことで、弊社がトップページに記載しております「首都圏で最も低料金」というフレーズをご覧いただき、その文句通りの葬儀料金に驚かれてご連絡を下さいました。
私どもは都内における葬儀料金の相場を十分把握しておりますので、どこにも負けない料金設定ながら、高い葬儀品質を提供しております。すべて自社施工によりコストを抑えることで、葬儀による経済的な負担を軽減し、ご遺族様に寄り添った葬儀を心掛けています。

10東京の葬儀社によくある家族葬に関する3つの質問

ご家族と親戚、親しい間柄の方など、参列者が30名ほどの葬儀である「家族葬」、30名を超える葬儀である「一般葬」は通夜・告別式・火葬を2日に分けて行います。
参列者が多くなるほど広い葬儀場が必要であり、葬儀社選びも変わってきます。冬場ほど死亡率が高くなるという統計があり、葬儀社や火葬場は予約が混みあうと言われています。
東京の台東区にある葬儀社に、家族葬への問い合わせで多い3つの質問をお聞きしました。

質問 家族葬と一般的な葬儀の差は何ですか?
回答 一般的な葬儀形式ですが、参列者が身内を中心とした30名くらいまでの小規模な葬儀を家族葬と呼んでいます。近しい方だけで葬儀を行いますので、お別れの時間をゆっくり持つことが出来ます。
質問 火葬は告別式と同じ日に行いますか?
回答 一般的には、葬儀当日もしくはその翌日に火葬を行います。友引きの日は火葬場が休業することや、葬儀場、斎場、火葬場の空き状況により日程が延びることもありますので、ご依頼時の状況に応じてご案内させて頂いております。延べ2日〜4日間でお葬式が終わるとお考え下さい。
質問 受付は家族が行いますか?
回答 葬儀プランの中に受付セット及び、運営スタッフの配置が含まれていますのでご安心ください。

11東京で家族葬を行う場合の葬儀社選びの注意点

POINT 一般的な葬儀と考え方や葬儀の流れの変わらない「家族葬」は、ご家族や親族、友人や知人を中心とした少人数での葬式の総称として呼ばれています。
参列者を制限することで故人を偲ぶ時間をゆっくり持つことができるため、需要の高い葬式となっています。
東京で家族葬を行う場合の葬儀社選びの注意点についてご説明しましょう。

●見積りの内訳や条件をしっかり確認する
葬儀社は葬儀プランごとに費用目安を掲載していることがほとんどです。ところが、よくあるトラブルには必要な物がすべて含まれておらず、「追加費用」「別途料金」などの名目で費用が発生し、最終的には高額な葬儀費用となるケースです。
葬儀社に見積りを取る際には内訳や対象となる条件、追加費用はかからないか確認しましょう。

●家族葬の対応について適切なアドバイスがある
参列者を限定し少人数で行う家族葬は、葬儀トラブルが発生しやすい注意点があります。訃報のお知らせの仕方やタイミング、さらには弔問を希望される方への対応など、繊細な配慮が求められます。
そのようなご遺族様のお悩みに寄り添い、適切なアドバイスをくれる葬儀社を選ぶと、落ち着いて対応できます。

●ご家族の宗派に合った葬儀に対応している
ほぼ全ての葬儀社で仏式の葬式を執り行っていますが、キリスト教式、神式、創価学会式などを希望されるご遺族様もいることでしょう。葬儀社により対応が異なりますので葬儀社選びの際に確認するようにしましょう。

12家族葬に関する葬儀用語の解説

葬儀用語の中には分かりにくい言葉が多いものです。葬儀形式で一般的な「家族葬」に注目し、葬儀用語をいくつか取り上げて解説しましょう。
●枕飾り一式
故人の枕元に飾る祭壇のことを意味します。
亡くなった場所から自宅や斎場の安置所に遺体を搬送後、納棺までお布団に寝かせ、安置する際に枕直しをして枕飾りを行います。
枕飾りは、白木もしくは白い布をかけた台に香炉・燭台・花立てと仏壇の鈴、コップか湯呑に入れた水、枕飯、枕団子、線香を並べた仮祭壇が一般的です。
●白木位牌
葬儀の時に祭壇に安置するための仮の白木の位牌のことです。四十九日法要まで祭壇に祀り、四十九日法要で開眼供養を行う菩提寺が引き取ってお焚き上げをしてくれます。その際、事前に仏壇店などで購入し、魂入れをした本位牌を仏壇に納めます。
本位牌は素材や加工により大きく4種類があります。「塗位牌」「唐木位牌」「天然木位牌」「モダン位牌」となっており、予算や好みで選ばれています。
●火葬時のお布施
お布施とは、読経や戒名などを行ってくれる僧侶に対しての感謝の気持ちを意味します。そのため、「心付け」とも呼ばれます。
火葬式で僧侶を呼び、読経してもらう場合にはお布施が必要ですのであらかじめ用意しておきます。
火葬式のお布施代の相場は3万円〜10万円が目安とされており、地域やお寺によって異なります。

FAQ一覧

お役立ち情報

家族葬をするのに費用はどのくらいかかりますか? 自分たちの葬儀にあまりお金をかけたくないので、家族葬を選択しようと考えている方より寄せられた葬儀用に関する質問に回答しています。
家族葬という明確な定義はないため、かかる費用には違いがありますが、一般葬よりも安く済ませられることは確かです。
家族葬をするのに費用はどのくらい? 火葬式にかかる費用について解説しています。家族葬にはそれほど費用がかからないと思っている方も少なくないようですが、明確なスタイルは決まっていないので、場合によっては費用が高額になることについても記載されています。
家族葬に呼ばれたときのマナーを知りたい 家族葬に呼ばれたときのマナーについて解説しています。
家族葬にはどのような間柄の人たちが参列するかも書かれています。家族葬についての基本情報が知りたい方にはためになる内容となっています。
家族葬の流れとは 初めて家族葬を行う方のために、家族葬の流れについて紹介しています。
最近では需要が高くなっていますが、少し前ではその名前を耳にすることもなかったという方も多いと思います。これを読めばどんな葬儀かも分かると思います。
家族葬のメリットとデメリットとは 家族葬のデメリットとデメリットについて紹介しています。
最近では一般葬ではなく家族葬を選ぶ方が増えていますが、安易に家族葬を行うことで起こりうるトラブルもあるので、その点をきちんと理解しておくことも大事です。
家族葬にデメリットはある? 家族葬を選択することで生じるデメリットについて紹介しています。
家族葬のメリットについても書かれているので、どのような葬儀スタイルを選択すべきかお悩みの方には参考になると思います。

このページの先頭に戻る