東京の密葬ならお任せ下さい。

株式会社関東福祉サービス
小さなお葬式 特約加盟店

東京の密葬【ポイントとFAQ】

東京で密葬を受けたい人のためにサービスを提供している会社です。密葬は通夜式を行わないスタイルであり、利用する人が増えています。親しい人だけを集めて1日で告別式と火葬を済ませてしまう形式です。葬儀にあまり費用をかけることなく、スケジュールもゆるくなっているのがメリットです。そんな密葬について、私たちはしっかりと対応することができます。依頼いただければ、すぐに病院などへ寝台車で向かい、ご遺体の搬送をします。お預かりのサービスも用意しており、こちらは無料となっています。

密葬 東京

葬儀場までご遺体の搬送をして、葬儀場の準備もこちらでしっかりと行います。火葬を終えてから収骨を行い、そのあとで料金を支払うシステムです。ドライアイスやお棺、生花祭壇、遺影写真など必要なものはすべて用意することができます。必要な手続きの代行を引き受けることができるため、面倒なことは何もしなくてよいです。十分なスタッフを準備して密葬をサポートするため、依頼主に負担がかからないサービスとなります。また、密葬だけではなく、火葬式や直葬、家族葬、一般葬にも対応しています。あらゆる葬儀について総合的に対応できるのが株式会社関東福祉サービスです。

01東京で通夜式を行わない密葬の相談ができる葬儀社とは?

葬儀に参列する場合、お通夜、葬儀告別式の両方、もしくはどちらかに参列し、故人を供養するのが一般的です。現在もこの形式が多いとはいえ、都市に近くなるほど葬儀が小規模になる傾向で、火葬場や斎場もそれに合わせてリフォームされる所が増えました。その背景には少子化や高齢化、親族間の関係の希薄さや、遠距離による移動の難しさ、費用負担の軽減など、様々な要因が影響しています。
葬儀は規模が大きくなるほど費用が嵩み、小さくシンプルになるほど費用が抑えられます。このような需要から従来型の葬儀ではなく、通夜式を行わず告別式のみを一日で行う密葬(一日葬とも言う)を希望されるご家族が増えています。
東京で密葬を執り行っている葬儀社では、ご遺族に費用負担の少ない葬儀形式を取り入れながら、通常の葬儀と変わらない細やかな対応と心遣いに定評があります。「東京で最も低料金の葬儀」が可能と評判ですが、費用を最大限抑えつつ、大切なご家族との最後のお別れを温かく演出してくれる点がポイントです。そのことからも葬儀の相談が多く、それぞれのご事情に合わせた葬式を提供できる体制がを整っています。
葬儀社を選ぶのに早いと言うことがありません。生前から検討し、詳細を把握しておくことで、もしもの時に備えられます。

02密葬式が家族葬と違う点は?初めての方にも分かりやすく説明します

葬儀の喪主になった場合、葬儀を取りまとめ、会葬者や僧侶への対応など、家族や親族を代表した重要な役割を担うことになります。一般的には故人の配偶者が喪主を務め、高齢であったり健康上問題があれば血縁関係の深い方から優先されていきます。喪主は葬儀の決定権を持ち、葬儀社選びや、葬儀日程、参列者の数や予算などについて家族と話し合います。近年は葬儀が小規模化している傾向にあり、家族や親族など、限られた人のみで執り行われることが多くなりました。参列者の多い葬儀はご遺族様にとって費用的にも体力的にも負担が大きくなることが反映しています。ご家族や親しいご友人による30人ほどの参列者を想定した「家族葬」は通夜・告別式を2日掛けて行う葬儀プランです。「密葬」は通夜を行わす告別式のみで一日葬とも呼ばれます。

密葬式が家族葬と違う点は?初めての方にも分かりやすく説明します

親族や限られた知人・友人のみで執り行う家族葬よりも少人数の葬儀で、費用や体力的な負担を抑えることが出来ます。
近親者のみで行うためゆっくりと最後のお別れを過ごすことが出来るのも特徴です。場合によっては後日、本葬もしくはお別れの会などを開催されることがあり、前提としてご家族のみで密葬を執り行うケースもあります。目的が異なっても密葬式の内容は同じです。

03密葬を選ばれる場合の3つのお悩みについて

大切なご家族をを亡くされた遺族が、故人とごく親しかった身内だけで静かにお別れする葬儀形式を"密葬"と称されています。密葬を選ばれる理由や考え方は様々ですが、選ぶにあたり悩まれる3つの事例を挙げるとこのようになります。

1.葬儀費用を抑えたい

2.年末年始などの時期による配慮

3.後日に本葬儀やお別れの会を営む前に家族だけで行いたい
 

体力・費用面での負担を軽減されたい場合、お通夜がなく、1日で告別式を行う密葬を選ばれることが多くなっています。高齢の方や遠方から参列される方の体力的な負担も軽くなります。
また、帰省シーズンで何かと忙しく、お祝いムードである年末年始にお悔やみ事が起こった場合、あえて訃報をお伝えしないという配慮から密葬を選ぶご遺族様は少なくありません。こういった場合、後日改めてお別れの会を設けることもあれば、本葬儀、社葬を行うケースなどもあります。その前提として身内のみで静かに最後のお別れをしたいということから密葬が選ばれています。
本葬儀をご実家のある故郷でされる場合にも密葬が行われる場合があり、それぞれの事情により密葬を選ぶ理由が異なります。
密葬をされる場合は、外部の方への訃報の連絡時期やお伝えの仕方について失礼がないよう、ご家族や親族間でよく話し合っておくことが大切です。

04葬儀の種類とは?密葬が選ばれる理由は?

葬儀には様々な種類があり、宗教の違いによるものや、同じ仏式であっても宗旨宗派により形式が異なります。また、近年では音楽葬や自然葬など、故人の人柄や好みを尊重した葬儀が好まれる傾向も見られています。
一般的な葬儀の種類は、以下のようになります。

葬儀の種類
・一般葬(一般的な葬式)
・家族葬(通夜・告別式を行う)
・密葬(一日葬とも呼ばれ、通夜式を行わない)
・直葬(火葬式とも呼ばれ、通夜・告別式を行わない)
・生活保護葬(火葬式のみ)

この中で、「密葬」について取り上げてみましょう。
密葬は、一日葬と呼ばれるように、お通夜を行わず、ご遺族や親族、親しいご友人の方のみで告別式と火葬を一日で執り行う葬儀形式です。
"ゆっくりとお別れの時間を取りたい"
"遠方から参列する人や長時間の参列が厳しい高齢者が多い"
"葬儀費用を抑えたい"
という場合に適している葬儀形式です。
簡略化された葬儀形式には「火葬式」もありますが、火葬のみの式では忍びない、親しい友人・知人も告別式に参列してもらいたいご遺族様には、火葬式よりお別れの時間が十分に取れる密葬が勧められます。
所要時間が短くなる分、心身の負担も軽減できます。

05東京で密葬を執り行う葬儀社の対応エリア

"首都圏で最も低料金の葬儀社"と言われ、時代に応じたシンプルな葬儀を執り行う葬儀社が台東区にあります。
葬儀に大金を費やし大勢の参列者でお見送りするかつてのような葬儀ではなく、今の社会構造や家族のあり方に寄り添った葬儀を推奨しています。都心を中心に、小さな規模の葬儀ニーズが増え、一般化しつつある葬儀スタイルの発端を担った葬儀社と言っても過言ではないでしょう。
「密葬」は葬儀の種類の一つであり、通夜式を行わず、告別式と火葬を一日で行うプランで「一日葬」とも呼ばれます。ご遺族、親族、親しいご友人の方のみで最後のお別れを行うもので、通夜式がない分、体力と費用、お時間の軽減がはかれるため、高齢の方やお仕事の都合がつきにくい方に選ばれています。
通夜式がなくても故人を忍ぶ気持ちに変わりはなく、「残されたご遺族様がしっかり生き抜くことが最大の供養」というのが、こちらの葬儀社の考えです。
葬儀の対応エリアは以下の通りです。

【東京都】23区全域、多摩エリア、北多摩エリア、西多摩エリア
【神奈川県】横浜エリア、川崎エリア、相模原エリア、横須賀三浦エリア、湘南エリア、県央エリア、西湘エリア、足柄上エリア
【埼玉県】さいたま市、中央エリア、東部エリア、西部エリア、北部エリア、秩父エリア
【千葉県】千葉市、千葉エリア、東葛飾エリア、安房エリア、印旛エリア、君津エリア、夷隅エリア、香取エリア、海匠エリア、山武エリア、長生エリア

FAQ一覧

このページの先頭に戻る