東京の密葬ならお任せ下さい。

株式会社関東福祉サービス
小さなお葬式 特約加盟店

東京の密葬【ポイントとFAQ】

東京で密葬を受けたい人のためにサービスを提供している会社です。密葬は通夜式を行わないスタイルであり、利用する人が増えています。親しい人だけを集めて1日で告別式と火葬を済ませてしまう形式です。葬儀にあまり費用をかけることなく、スケジュールもゆるくなっているのがメリットです。そんな密葬について、私たちはしっかりと対応することができます。依頼いただければ、すぐに病院などへ寝台車で向かい、ご遺体の搬送をします。お預かりのサービスも用意しており、こちらは無料となっています。

密葬 東京

葬儀場までご遺体の搬送をして、葬儀場の準備もこちらでしっかりと行います。火葬を終えてから収骨を行い、そのあとで料金を支払うシステムです。ドライアイスやお棺、生花祭壇、遺影写真など必要なものはすべて用意することができます。必要な手続きの代行を引き受けることができるため、面倒なことは何もしなくてよいです。十分なスタッフを準備して密葬をサポートするため、依頼主に負担がかからないサービスとなります。また、密葬だけではなく、火葬式や直葬、家族葬、一般葬にも対応しています。あらゆる葬儀について総合的に対応できるのが株式会社関東福祉サービスです。

01東京で通夜式を行わない密葬の相談ができる葬儀社とは?

葬儀に参列する場合、お通夜、葬儀告別式の両方、もしくはどちらかに参列し、故人を供養するのが一般的です。現在もこの形式が多いとはいえ、都市に近くなるほど葬儀が小規模になる傾向で、火葬場や斎場もそれに合わせてリフォームされる所が増えました。その背景には少子化や高齢化、親族間の関係の希薄さや、遠距離による移動の難しさ、費用負担の軽減など、様々な要因が影響しています。
葬儀は規模が大きくなるほど費用が嵩み、小さくシンプルになるほど費用が抑えられます。このような需要から従来型の葬儀ではなく、通夜式を行わず告別式のみを一日で行う密葬(一日葬とも言う)を希望されるご家族が増えています。
東京で密葬を執り行っている葬儀社では、ご遺族に費用負担の少ない葬儀形式を取り入れながら、通常の葬儀と変わらない細やかな対応と心遣いに定評があります。「東京で最も低料金の葬儀」が可能と評判ですが、費用を最大限抑えつつ、大切なご家族との最後のお別れを温かく演出してくれる点がポイントです。そのことからも葬儀の相談が多く、それぞれのご事情に合わせた葬式を提供できる体制がを整っています。
葬儀社を選ぶのに早いと言うことがありません。生前から検討し、詳細を把握しておくことで、もしもの時に備えられます。

02密葬式が家族葬と違う点は?初めての方にも分かりやすく説明します

葬儀の喪主になった場合、葬儀を取りまとめ、会葬者や僧侶への対応など、家族や親族を代表した重要な役割を担うことになります。一般的には故人の配偶者が喪主を務め、高齢であったり健康上問題があれば血縁関係の深い方から優先されていきます。喪主は葬儀の決定権を持ち、葬儀社選びや、葬儀日程、参列者の数や予算などについて家族と話し合います。近年は葬儀が小規模化している傾向にあり、家族や親族など、限られた人のみで執り行われることが多くなりました。参列者の多い葬儀はご遺族様にとって費用的にも体力的にも負担が大きくなることが反映しています。ご家族や親しいご友人による30人ほどの参列者を想定した「家族葬」は通夜・告別式を2日掛けて行う葬儀プランです。「密葬」は通夜を行わす告別式のみで一日葬とも呼ばれます。

密葬式が家族葬と違う点は?初めての方にも分かりやすく説明します

親族や限られた知人・友人のみで執り行う家族葬よりも少人数の葬儀で、費用や体力的な負担を抑えることが出来ます。
近親者のみで行うためゆっくりと最後のお別れを過ごすことが出来るのも特徴です。場合によっては後日、本葬もしくはお別れの会などを開催されることがあり、前提としてご家族のみで密葬を執り行うケースもあります。目的が異なっても密葬式の内容は同じです。

03密葬を選ばれる場合の3つのお悩みについて

大切なご家族をを亡くされた遺族が、故人とごく親しかった身内だけで静かにお別れする葬儀形式を"密葬"と称されています。密葬を選ばれる理由や考え方は様々ですが、選ぶにあたり悩まれる3つの事例を挙げるとこのようになります。

1.葬儀費用を抑えたい

2.年末年始などの時期による配慮

3.後日に本葬儀やお別れの会を営む前に家族だけで行いたい
 

体力・費用面での負担を軽減されたい場合、お通夜がなく、1日で告別式を行う密葬を選ばれることが多くなっています。高齢の方や遠方から参列される方の体力的な負担も軽くなります。
また、帰省シーズンで何かと忙しく、お祝いムードである年末年始にお悔やみ事が起こった場合、あえて訃報をお伝えしないという配慮から密葬を選ぶご遺族様は少なくありません。こういった場合、後日改めてお別れの会を設けることもあれば、本葬儀、社葬を行うケースなどもあります。その前提として身内のみで静かに最後のお別れをしたいということから密葬が選ばれています。
本葬儀をご実家のある故郷でされる場合にも密葬が行われる場合があり、それぞれの事情により密葬を選ぶ理由が異なります。
密葬をされる場合は、外部の方への訃報の連絡時期やお伝えの仕方について失礼がないよう、ご家族や親族間でよく話し合っておくことが大切です。

04葬儀の種類とは?密葬が選ばれる理由は?

葬儀には様々な種類があり、宗教の違いによるものや、同じ仏式であっても宗旨宗派により形式が異なります。また、近年では音楽葬や自然葬など、故人の人柄や好みを尊重した葬儀が好まれる傾向も見られています。
一般的な葬儀の種類は、以下のようになります。

葬儀の種類
・一般葬(一般的な葬式)
・家族葬(通夜・告別式を行う)
・密葬(一日葬とも呼ばれ、通夜式を行わない)
・直葬(火葬式とも呼ばれ、通夜・告別式を行わない)
・生活保護葬(火葬式のみ)

この中で、「密葬」について取り上げてみましょう。
密葬は、一日葬と呼ばれるように、お通夜を行わず、ご遺族や親族、親しいご友人の方のみで告別式と火葬を一日で執り行う葬儀形式です。
"ゆっくりとお別れの時間を取りたい"
"遠方から参列する人や長時間の参列が厳しい高齢者が多い"
"葬儀費用を抑えたい"
という場合に適している葬儀形式です。
簡略化された葬儀形式には「火葬式」もありますが、火葬のみの式では忍びない、親しい友人・知人も告別式に参列してもらいたいご遺族様には、火葬式よりお別れの時間が十分に取れる密葬が勧められます。
所要時間が短くなる分、心身の負担も軽減できます。

05東京で密葬を執り行う葬儀社の対応エリア

"首都圏で最も低料金の葬儀社"と言われ、時代に応じたシンプルな葬儀を執り行う葬儀社が台東区にあります。
葬儀に大金を費やし大勢の参列者でお見送りするかつてのような葬儀ではなく、今の社会構造や家族のあり方に寄り添った葬儀を推奨しています。都心を中心に、小さな規模の葬儀ニーズが増え、一般化しつつある葬儀スタイルの発端を担った葬儀社と言っても過言ではないでしょう。
「密葬」は葬儀の種類の一つであり、通夜式を行わず、告別式と火葬を一日で行うプランで「一日葬」とも呼ばれます。ご遺族、親族、親しいご友人の方のみで最後のお別れを行うもので、通夜式がない分、体力と費用、お時間の軽減がはかれるため、高齢の方やお仕事の都合がつきにくい方に選ばれています。
通夜式がなくても故人を忍ぶ気持ちに変わりはなく、「残されたご遺族様がしっかり生き抜くことが最大の供養」というのが、こちらの葬儀社の考えです。
葬儀の対応エリアは以下の通りです。

【東京都】23区全域、多摩エリア、北多摩エリア、西多摩エリア
【神奈川県】横浜エリア、川崎エリア、相模原エリア、横須賀三浦エリア、湘南エリア、県央エリア、西湘エリア、足柄上エリア
【埼玉県】さいたま市、中央エリア、東部エリア、西部エリア、北部エリア、秩父エリア
【千葉県】千葉市、千葉エリア、東葛飾エリア、安房エリア、印旛エリア、君津エリア、夷隅エリア、香取エリア、海匠エリア、山武エリア、長生エリア

06密葬を執り行う東京の葬儀社へ依頼する場合の費用の目安

葬儀費用の目安をご存じの方はどのくらいいるでしょうか。喪主になったことがある方や、身内の葬儀で費用を耳にされた方でなければ、あまり知りえない情報と言えます。また、首都圏と地方都市でも葬儀費用は大きく異なり、葬儀規模にも差があります。
決して安いとは言えない葬儀費用ですから、家族や親族に負担をかけたくないと、早くから貯金されている方が多いというのも頷けるでしょう。

密葬を執り行う東京の葬儀社へ依頼する場合の費用の目安

葬儀料金が高いと言われる東京で、最も低料金と言われる葬儀社があります。こちらではシンプル葬儀を基本に、大金を費やすことなく品質の高い葬儀を実現しています。
シンプル葬儀の中で、通夜を行わず告別式のみを一日で執り行う""密葬”は近親者のみによる少人数の葬儀形式です。

こちらの葬儀社で密葬を行う場合の費用の目安と含まれる内容は以下の通りです。

・密葬(一日葬)通夜式を行わず、告別式と火葬のみを一日で行います
費用目安:約300,000円〜(税別)
費用に含まれるもの:寝台車、ドライアイス(一日分)、枕飾り一式、ご安置料金、お棺、仏衣一式、棺用布団、手続き代行、花束、生花祭壇、遺影写真、受付セット、司会スタッフ、運営スタッフ、式中初七日、白木位牌、自宅飾り一式、会葬令状

東京で密葬を検討される方は費用の目安にしてください。

07東京の葬儀社で密葬が選ばれる3つのポイントとは

葬儀形式の中で、通夜式を行わず、告別式と火葬を一日で行うものを密葬と言います。都心を中心に、近年需要の多い葬儀形式であり、近しい関係者だけで執り行う少人数の葬儀です。
東京で最も低料金と言われる葬儀社で密葬が選ばれる理由をお聞きました。3つのポイントを挙げて密葬の需要を探ってみましょう。

01葬儀に費用がかけられない

通夜式を行わない密葬は一日葬とも呼ばれ、一日で告別式と火葬を執り行うことで費用を抑えることができます。そのため、経済的に費用がかけられないご遺族様から選ばれることが多いようです。

02スケジュールや体力的に一般の葬儀が難しい

一日で行う葬儀のため体力的な負担が軽減できます。ご高齢の方や、遠方からの参列者がある場合にお勧めであり、お仕事が忙しく葬儀へ参列するお時間を作りにくい事情がある場合にも選ばれています。

03身内だけでゆっくりと葬儀を行いたい

参列者が限られた密葬式は、近しい身内だけでゆっくりとお別れの時間を持つことが出来ます。
参列者が多い一般の葬儀は気遣いや気苦労が多く、故人との最後の時間を穏やかに過ごしづらいものです。そのため、ごく少人数の密葬を選ぶことにより、故人を偲ぶ時間を持つことが出来ます。

08東京で密葬の需要が高い葬儀社と他社との違い

葬儀は参列者の違いにより規模の大きさが異なりますが、同じ規模であっても葬儀社ごとに費用が大きく違います。特に、首都圏を始めとする都市部の葬儀費用は高額であると言われています。その反面、都市部ほど核家族化が進み、葬儀規模が縮小傾向にあるため、葬儀社は小さな葬儀に合う斎場を設ける等、変化が見られます。少人数の葬儀の一つである「密葬」は通夜を行わず、告別式と火葬を一日で行うことから""一日葬""とも呼ばれ、近年、需要が高くなっている葬式です。
数多くの葬儀社が存在する東京で「首都圏で最も低料金の葬儀社」と称される葬儀社の他社との違いを探ってみました。

●費用を抑えるため葬儀をシンプル化する
●ご遺体のお迎えから安置、葬儀をすべて自社で行う
●ご遺族様の要望に合わせた告別式への対応


葬儀費用を抑えるためにはコストを抑えることが必須です。出来る限り省力化を図り、無駄な経費をかけないよう工夫されることを基本にされています。他の葬儀社では委託業者を利用されることが多いのですが、こちらでは全てを自社で執り行うことで経費を抑えています。そして、画一的な葬儀形式が一般的な中、宗教に関係がない葬式や、故人様がお好きだった音楽を流したり、お写真を飾られたりと、お別れ会形式の葬儀を希望される場合にも柔軟に対応されているのが特徴です。

09東京の葬儀社へ寄せられた密葬の相談事例

告別式と火葬を一日で行う密葬は、遺族や親族、親しいご友人の方のみで行われるシンプルなお葬式です。
葬儀費用が高いことで知られる東京の中で、最も安い料金と言われる葬儀社へ寄せられた密葬の相談事例をご紹介しましょう。

東京の葬儀社へ寄せられた密葬の相談事例

交通事故で突然に他界された弟様の葬儀の御相談をお兄様から頂きました。地方に住んでいるご両親や妹様が上京されること、弟様の会社の方が葬儀への参列を希望されていることを伺い、地元で後日にお別れの式をお考えであることもお聞きしました。ご親戚や地元のご友人を東京まで来ていただくのは申し訳なく、またあまりに急なことだったので、対応が出来る状況ではないことからのご判断でした。そのような状況は珍しくありませんので、火葬のみを行う火葬式や、火葬より参列者が多い密葬式についてご提案させて頂きました。
突然、大切なご家族を失われ心労の中、葬儀のための準備を進めるのは大変なことですので、我々葬儀社が心を込めてお手伝いさせて頂きます。
別の場所でお別れ会を後日行われる場合、限られた身内の方のみでゆっくり密葬式をされる傾向にあります。参列者が限られている分、精神的な負担が軽減され、故人様とのお別れの時間をゆっくりお過ごし頂けます。

10東京の葬儀社によくある3つの質問

大切なご家族が亡くなられる時のことを考えると悲しくなりますが、高齢のご両親や祖父母がいる場合は気丈に、心の覚悟をされている方もいるでしょう。しかし、実際に息を引き取られた後、どのようにご遺体を搬送したり、手続きするかまで認識されている方は少ないのではないでしょうか。
このような質問は葬儀社に行うことで解決できます。
東京の台東区にある葬儀社に、お問い合わせでよくある3つの質問をお聞きしました。

質問 病院で亡くなった場合、遺体はどちらに搬送されますか?
回答 密葬式、家族葬プランの場合はご自宅もしくは弊社の安置所への搬送が可能です。火葬式、直葬プランの場合は、弊社の安置所へ搬送させて頂きます。搬送料金はプランに含まれています。
質問 23区内であればどこでも葬儀が依頼できますか?
回答 東京都内は全域に対応していますのでご安心ください。
質問 親戚が遠方から来るためすぐに葬儀が出来ません。それまで遺体の安置は可能ですか?
回答 病院で亡くなられた場合は長時間のご遺体安置が出来ませんので、弊社が寝台車にて出来るだけ早くお迎えにあがり、ご自宅もしくは弊社の安置所まで搬送致します。
弊社の安置所は何日お預かりしても無料です。火葬場の空き状況を確認し、ご遺族様、参列者様に都合の良い葬儀日をご相談いただけます。

11東京で密葬を行う場合の葬儀社選びの注意点

POINT ご家族や身内の方が亡くなられ失意の中で手続きを進める必要がある喪主は精神的にも厳しいものです。
喪主の経験が初めてという場合は、葬儀社選びも一苦労のはず。早急に探さなくてはいけないことから相場も分からず、相見積もりする余裕もないまま選んでしまいがちです。
数多くの葬儀社が存在する東京で、近年需要の高い""密葬式""の葬儀社選びの注意点を挙げてみましょう。

●急いで決める必要がない
病院でのご遺体安置が長くできないことから、葬儀場選びを急がされることがあり、病院から紹介を受けた葬儀社に契約してしまうケースが多いものです。そのため比較して相見積もりを取る時間もなく、どのような葬儀社か分からないまま高額な料金を請求されることも少なくありません。葬儀は、葬儀場や火葬場の状況で数日待つこともあり、ご親族やお寺のご都合もありますから急いで決める必要はないのです。ご遺体の搬送と安置を最優先に、慌てず葬儀社を選びましょう。

●葬儀費用の詳細が明瞭であるか
シンプル化した葬儀である密葬は、通夜を行わず、告別式と火葬を一日で行うため費用を抑えることが出来ます。とはいえ、費用は葬儀社により異なりますので、料金の中に含まれる詳細を確認し、追加料金は発生しないか、支払方法やタイミングも確認しましょう。

●ご遺体の搬出、ご安置が葬儀プランに含まれているか
病院では長時間のご遺体安置が出来ないため、搬出が急がれます。そのため、病院までのお迎え、ご遺体の搬出、ご自宅もしくは安置所への保全がプランに含まれる葬儀社がおすすめです。安置所でのお預かり費用の有無も併せて確認するようにしましょう。

12密葬式に関する葬儀用語の解説

お葬式の中で告別式と火葬を1日で行う密葬式は、年々その需要が増えています。
葬儀が縮小化傾向にあることが要因だと考えられ、葬儀社への相談が多いそうです。
そこで、密葬をはじめとする葬儀用語をいくつか取り上げ解説致しましょう。
●式中初七日(しきちゅうしょなのか)
告別式後、そのまま続けて初七日の法要を繰り上げて行うことを言います。本来ならばご逝去日から数えて七日目に行う法要ですが、火葬前もしくは火葬後に行うことが多くなっています。
地域によってや葬儀の時間によって異なるものの、繰り上げて葬儀当日に行われることがほとんどです。
●自宅飾り一式
火葬や葬儀後、四十九日まで自宅に祀る祭壇のことを言います。四十九日を過ぎると処分するもので、葬儀社が一式を揃え用意してくれるのが一般的です。
祭壇の最上段に故人の遺影と骨壷を安置し、二段目に白木位牌、一番下に一輪挿しや香炉、鐘、ろうそく台、線香立て、お供えなどを飾ります。
忌明けまでろうそくを灯し、線香を焚くのが風習です。
●会葬礼状
会葬礼状とは、通夜や葬儀に参列して下さったことや香典などに対する感謝の気持ちを伝えるお礼状のことです。
最近では、通夜や葬儀の受付や式場出口で粗供養品などと一緒にお渡しすることが多くなっています。
亡くなられた方が国民健康保険の加入者の場合、市町村より葬祭費が支給されますが、その必要書類の一つが会葬礼状もしくは葬祭費の領収書です。

FAQ一覧

お役立ち情報
密葬とは具体的にどのような葬儀か 密葬とはどのような葬儀なのかを分かりやすく解説しています。
密葬という言葉から間違った解釈をしている方も多いようですが、これを読めば密葬が何かが良く分かるので、気になる方はぜひ参考にしてください。
密葬はどのような場合に行われるの? 密葬関する質問に回答している内容となっています。
芸能人などの著名人が執り行うことが多い密葬と家族葬との違いや、気になる香典のことについても書かれているので、興味のある方はチェックしてみてください。
密葬を行うメリットとデメリットとは? 一般の人が密葬を行うメリットやデメリットにはどのようなことが挙げられるかについて紹介している内容となっています。
密葬とはどんな葬儀なのかも分かるようになっているので、気になる方は参考にしてください。
密葬の通知方法に関する注意点にはどんなことがありますか? 密葬を執り行う場合に誰を呼べば良いのか、葬儀に招く人への通知方法、密葬に関する注意点などについて書かれた内容となっています。
故人の遺言などで密葬を執り行わなければいけなくなった方などには参考になると思います。
密葬で葬儀を執り行う目的とは 葬儀で密葬を選択する意味や目的について紹介しています。
密葬は芸能人などの著名人や大企業の代表を務めた方などの間で行われるケースが多いですが、最近では一般人でも密葬を選ぶ方が増えていることも書かれています。
密葬を執り行ううえでの注意点とは 密葬を執り行うときに注意すべきことについて書かれています。
密葬とはそのような葬儀スタイルなのかも紹介しているので、密葬に興味のある方には参考になると思います。ぜひチェックしてみてください。

このページの先頭に戻る